奥が深い!計測機

計測機なら当サイトにお任せ!

このサイトでは圧電型加速度センサー(計測器)やひずみゲージ式加速度センサー、単独接続の方法を幅広く解説しています。
加速度センサーの中でも高域の周波数を測定することができる機器で、また衝撃性にも優れ軽量でありながら小型タイプの物まで様々に存在します。
振動や衝撃などの計測にも使用できるセンサーになり、ゆがみが生じると電荷が印可される特徴を有しています。
従ってこの性質を利用したセンサーで産業用では幅広く利用されております。

圧電型加速度センサー(計測器)の特徴

圧電型加速度センサー(計測器)の特徴 圧電型加速度センサー(計測器)は振動を加えることで、ゆがみが生じることになりますが、それによって電荷を生じることでその電荷の量を調べることでゆがみの状態の強弱を計測することが可能です。
この技術を応用することで自動車・航空機などの乗り物、他にも工作機械やコンパクトディスクなどでも活用されております。
その圧電型加速度センサー(計測器)の主な特徴は、高い衝撃性が存在すること、軽量・小型タイプにできることです。
そのため振動などが発生する劣悪な環境下でも測定することに優れた計測器になります。
PCなどに接続を行うことで、そのモニターにより人間による視覚的な監視にも応用して利用することができます。
またモード解析を行う上でも、優れた圧電型加速度センサー(計測器)となります。

加速度計測器に用いるサーボ型加速度センサー

加速度計測器に用いるサーボ型加速度センサー 計測器はもちろん測定したい内容によって様々な種類に分かれ、中には加速度を測定するものもあります。
そしてその加速度測定の中でも複数のセンサーがあり、そのひとつがサーボ型加速度センサーです。
内側には振り子が設置されていて、それが加速度によって動く構造となっています。
計測器のサーボ型加速度センサーに加速度の変化が発生すると、振り子のみが慣性の法則に従って元の状態を維持しようとします。
その違いが計測の元になるわけですが、そのままでは振り子はすぐに限界位置まで移動してしまいます。
そうならない仕組みとして、周囲には電気信号によって振り子に力を加える構造があります。
電気が流れてコイルが働く強さを変えられる仕組みで、動こうとする振り子を逆の力によって抑えるようにする役割があります。
振り子が動こうとする力は加速度に基づいているため、それと均衡する力を出すための電流の量がコイルから判明できるというわけです。
これがサーボ型加速度センサー基本的な原理で、電気的な仕組みをしているため精度が高いのが特徴です。
またその構造さえ実現できれば良いので、サイズを小さくしやすいのも強みです。
そのような特徴があるため、幅広い場面で使用されます。

プログラマブル直流電源についてはコチラもチェック

プログラマブル直流電源についてもっと学ぶ

新着情報

◎2020/8/7

計測器の半導体式加速度センサ
の情報を更新しました。

◎2020/06/30

サイト公開しました

「計測 センサー」
に関連するツイート
Twitter

20/09/27-11:00 センサ計測値をお知らせします 》CO2 Sensor [f0:ab:54:2b:ea:cc] CO2濃度=387ppm 電池残量=44 % RSSI=-55dB 閾値アラート=正常範囲内 ログ機能=停止中(データ有り) 自動校正=停止中 基準校正=停止中 pic.twitter.com/y5QzhwgKjb

ユンボがテストしていたバイオセンサー、糖尿病治療にはお馴染みの血糖値計測デバイスの応用品。 スーパーサピエンスという医療メーカーとの提携によってリアルタイムでの血中血糖値のモニタリングが可能で、補給タイミングの最適化やハンガーノックの完全な予防に役立つ。 今ツールには未使用 pic.twitter.com/USQLnqziKl

さてオイルの補充も終わり 普通だったらこのままエンジン掛けて漏れチェックをしたいが 車体をフラットにしないとオイルレベルセンサーが量の計測ミスる可能性あるんで先に降ろします pic.twitter.com/T734Ct8anS

20/09/27-10:00 センサ計測値をお知らせします 》CO2 Sensor [f0:ab:54:2b:ea:cc] CO2濃度=409ppm 電池残量=44 % RSSI=-52dB 閾値アラート=正常範囲内 ログ機能=停止中(データ有り) 自動校正=停止中 基準校正=停止中 pic.twitter.com/xIT6fYxm6A

20/09/27-09:00 センサ計測値をお知らせします 》事務室 [f0:ab:54:01:06:81] 気温=27.20℃ 湿度=62.30% 電池残量=37% RSSI=-53dB 閾値アラート=正常範囲内 pic.twitter.com/QCFxfTKU5v

20/09/27-09:00 センサ計測値をお知らせします 》CO2 Sensor [f0:ab:54:2b:ea:cc] CO2濃度=416ppm 電池残量=44 % RSSI=-56dB 閾値アラート=正常範囲内 ログ機能=停止中(データ有り) 自動校正=停止中 基準校正=停止中 pic.twitter.com/uR2TkntzLB

20/09/27-08:01 センサ計測値をお知らせします 》CO2 Sensor [f0:ab:54:2b:ea:cc] CO2濃度=430ppm 電池残量=44 % RSSI=-51dB 閾値アラート=正常範囲内 ログ機能=停止中(データ有り) 自動校正=停止中 基準校正=停止中 pic.twitter.com/tpQUon06p9

20/09/27-08:00 センサ計測値をお知らせします 》事務室 [f0:ab:54:01:06:81] 気温=26.68℃ 湿度=63.52% 電池残量=33% RSSI=-51dB 閾値アラート=正常範囲内 pic.twitter.com/jlGWNAMQON

20/09/27-07:00 センサ計測値をお知らせします 》事務室 [f0:ab:54:01:06:81] 気温=25.91℃ 湿度=65.23% 電池残量=33% RSSI=-52dB 閾値アラート=正常範囲内 pic.twitter.com/3f4K6d9LK1

20/09/27-07:00 センサ計測値をお知らせします 》CO2 Sensor [f0:ab:54:2b:ea:cc] CO2濃度=411ppm 電池残量=44 % RSSI=-50dB 閾値アラート=正常範囲内 ログ機能=停止中(データ有り) 自動校正=停止中 基準校正=停止中 pic.twitter.com/PAfqaCBMhf