奥が深い!計測機

計測機なら当サイトにお任せ!

ひずみゲージ式加速度センサー(計測器)の特徴

ひずみゲージ式加速度センサー(計測器)の特徴 ひずみゲージ式加速度センサーは、測定する物体にどの位の加速度が作用しているかを、重力加速度を基準にして測定する計測器です。
物体が衝突したときの衝撃加速度や走行車の加速度、構造物の振動などの測定ができます。
また、小型で軽量なタイプが一般的です。
そのため、センサー取り付けによる、測定物の振動モードへの影響はわずかとなっており、データの誤差が生じることはほとんどありません。
正確なデータを算出できる点は、大きな特徴です。
そして、ひずみゲージ式加速度センサーには、圧電加速度変換器では計測できない、加速度の絶対値が測定できるという特徴もあります。
変換器の機種には、単軸型とX-Y-Zの三方向が同時に測定できる三軸型があります。
この三軸型は、各軸の相互干渉が少なくなっています。
さらに、計測器の容量のタイプは広範囲であり、用途に含わせて機種を選択することが可能です。
他にも、応答周波数範囲が広く、衝撃加速度が忠実に検出できる点も特徴の一つです。

電圧計測器とは

電圧計測器とは 電圧計測器とは、2点間の電位差を測るための電気計器で、これ単体で販売されていることよりテスターに組み込まれて販売されていることが多いです。
この計器は、電流計を改良したものです。
電流計とは、電流の大きさを測るための電気計器で、電流が磁場から受ける力を利用したものです。
電流計のなかには、内部抵抗が組み込まれおり、この内部抵抗を大きくして、メモリを適切なものに変えると電圧計になります。
この計測器は、電子工作の際や電気工事の際・電気器具が故障した際に使用されることが多いです。
電子工作であれば、回路の一部分の値が適切であるかどうか計測し、電気工事であれば、設計されたものと同じ値になっているかや、電線や送電設備に異常が生じていないか検査するために使われます。
電気器具が故障したのであれば、コンセントの値を計測して、その値に異常があるかないかで、器具に故障原因があるのか、それともコンセント側に原因があるのかどうかを判別することが出来ます。

新着情報

◎2020/10/12

電流計測器の計測方法
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

計測器の半導体式加速度センサ
の情報を更新しました。

◎2020/06/30

サイト公開しました

「計測 物体」
に関連するツイート
Twitter