奥が深い!計測機

電流計測器の計測方法

電流計測器の計測方法

電流計測器の計測方法 電流を計測する計測器で代表的なものはテスターです。計測方法も簡単で、まず測定レンジと呼ばれる部分で直流や交流、導通検査など測定したいものに合わせます。最近のデジタルテスターではこの作業を勝手にやってくれるものも多いので、初心者の方にはデジタルがおすすめです。
計測したいものが直流なのか交流なのか調べ、直流ならDC、交流ならACに表示されるようにします。
次にレンジです。測定対象の物のレンジがよく分からない場合は、大きい数値から初めて読み取りやすい所で計測しましょう。デジタルの場合はmAに、もっと小さな電流を測りたいときはuAに設定します。
uAはmAの1000分の1の大きさなのでだいぶ小さいですね。
ここまで設定出来たら計測器についているリード棒2本を測定したいものの両端に当てます。当てた瞬間に数値が出てくるはずです。うまく数値が出てこない場合はプラスマイナスが間違っていることがあるので、リード線を当てる位置を入れ替えてみましょう。テスターにもよりますが、基本的には赤色のリード棒がプラスで、黒色がマイナスです。

計測器の電流と複数専属についての情報です。

計測器の電流と複数専属についての情報です。 計測器には、電流計測器というものがあります。原理は、電圧の計測と比べれば、電流の計測は少し面倒なのだそうです。電圧とこのような項目は、電気の最も基本的パラメータと言われています。周波数や位相などが他のパラメータは電圧やこのような項目の変化から求められるもので、信号の波形を扱う時も電圧やこのような項目の変化を観測していることに他ならないと言われます。事実上、電気や電子計測のほとんどが、目的とする量を電圧かこのような項目に変換し、それを計測しているでしょう。

今では自動制御では、インターフェースが用いられることが一般化していますが、計測器によって、複数の制御インターフェースがサポートされているようです。測定器に、複数のインターフェースが搭載されていて、自由に選択できる場合、インターフェースの特徴を加味してから選びます。最大ケーブルの長さが20メートルと言われることもありますし、機器間の最大ケーブルの長さは4メートルとされることがあります。複数専属をする時、接続が容易なものもあるでしょう。

新着情報

◎2020/10/12

電流計測器の計測方法
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

計測器の半導体式加速度センサ
の情報を更新しました。

◎2020/06/30

サイト公開しました

「計測 電流」
に関連するツイート
Twitter