奥が深い!計測機

計測器の半導体式加速度センサ

計測器の半導体式加速度センサ

計測器の半導体式加速度センサ 計測器の加速度センサには、4つ種類があります。
計測器の加速度センサとは、物体の加速度である速度の変化率を測る装置です。
半導体式加速度センサは、機械式や光学式の加速センサで、製造や調整、補修に手間が掛かりますし、コストを押し上げます。
そして、小型化や知能化にも向かず、今の多様な装置に使用されている加速度センサには半導体式加速度センサの採用が多くなっています。
これは、いずれにしてもМEМS技術を使ったものであると言えるでしょう。
このセンサは変換器とも呼ばれるもので、車体やダミーの加速度計測が行える機器です。
半導体を受感部に応用した加速度変換機で、小型の軽量で被測定体の振動モードへの影響がごくわずかであるので、自動車衝突試験を始めとして加速度や振動計測に応用して使えます。
高過負荷は500%の商品もあります。
ダンピングオイルレスのために温度による周波数特性や位相特性への影響はありません。
ノーダンピングなので、位相シフトがほんの少しです。

計測器を使った電子機器や抵抗の電圧の計測方法

計測器を使った電子機器や抵抗の電圧の計測方法 電圧の計測方法で簡単なものはテスターを使う事でしょう。
まず測定レンジと呼ばれる部分を、電圧の場合は「Ω(オーム)」に合わせます。
次にデジタルテスターの場合はこの作業は要りませんが、アナログの場合0オーム調整が必要になってきます。
何も計測していない状態で、テスターの針を0の数値に合わせることです。
プラスマイナスのリード棒をくっつけてみて、針が0になっている場合は何もしなくて大丈夫です。
0になっていない場合は、計測器の真ん中付近にあるつまみで針を0の位置に調節しましょう。
この時にきちんと0に合わせておかないと正確な数値が測れないため、注意が必要です。
ここまで設定出来たら、抵抗値を測りたいものに計測器のリード棒の先端を当てます。
抵抗を測る場合であれば基本的にプラスとマイナスのどちらを当てても計測できます。
数値がおかしい場合はそれぞれの当てる場所を入れ替えてみたり、テスター自体の設定を一つ一つ見直していけば、慣れていないうちは難しいかもしれませんが、やっていくうちに何が原因で数値が出てこないのかわかるようになっていきます。

新着情報

◎2020/10/12

電流計測器の計測方法
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

計測器の半導体式加速度センサ
の情報を更新しました。

◎2020/06/30

サイト公開しました

「計測 方法」
に関連するツイート
Twitter