奥が深い!計測機

計測機なら当サイトにお任せ!

電流計測器の「4-20mA」とは

電流計測器の「4-20mA」とは 電流計測器の4-20mAはアナログ出力の一つで、電流の出力範囲が4mAから20mAということです。
計測器のアナログ出力の中でも、幅広く使われています。
伝送をするための信号はいくつかの種類がありましたが、国際電気標準会議において直流の4-20mAが採用されるようになりました。
電圧を変換することでレコーダーや制御機器などを計測器に取り込みやすくなり、ノイズに強いことから遠い場所にもしっかり届くのがメリットです。
配線が長くなると回路中の抵抗によって減衰していくのが一般的ですが、数百メートルでも減衰しにくいと言われています。
線を繋いでいないときには0mAになるので、システムに異常が出ても安全を確保出来ます。
単独接続をするときには同じ入力レンジを持つ計測器を使います。
直接接続して、出力の最大負荷抵抗が入力の最大負荷抵抗よりも大きくならないように注意します。
電圧入力レンジのものを利用するときにはシャント抵抗を外付けして電圧に変換するだけです。

電流計測器の単独接続の方法

電流計測器の単独接続の方法 電流計測器は通常様々な動作をする回路の中に接続し、その内部を流れる電流を計測するものとなっていますが、単独接続を行う場合には計測器内部の保護のために様々な注意をしなければなりません。
そのポイントは適正に測定を行うことが出来るようにするために特定の負荷を同時に接続することです。
通常の介護の場合には様々な負荷要素が備わっているので、それほど気にすることはありませんがそれほど気にすることはありませんが、単独接続の場合にはこれらが存在していないため、計測器の内部を破損してしまう恐れがあります。
この回路の保護のために異なる回路を接続するか、もしくは保護装置などを利用して適正な測定を行うことができるようにすることが大切です。
一般的には回路の状態を測定する場合が多いためあまり意識する必要はありませんが、状況によってはその手法を適切に理解し実現することが必要となります。
この点を意識しないと機器を破損してしまうことも多いので注意が必要です。

新着情報

◎2020/10/12

電流計測器の計測方法
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

計測器の半導体式加速度センサ
の情報を更新しました。

◎2020/06/30

サイト公開しました

「計測 通常」
に関連するツイート
Twitter